日本海・瀬戸内海・関門海峡
豊かな海産物に恵まれた下関海産物の宝庫

山口県は本州の最西端に位置し、全国でも6番目(1,503㎞)に長い屈曲に富んだ海岸線を有しています。

下関漁港閘門は水産庁が発表した「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定されています。また、世界一小さなパナマ運河式閘門としてギネス世界記録に認定され、ギネスブックに登録されています。

また、日本海、瀬戸内海、響灘と三方を海に囲まれており、多彩な海産物の宝庫です。日本海(特に中部海域)側では、湾や島しょ、天然礁が数多く点在し、大陸棚が遠く対馬、朝鮮半島まで達しています。

このため、フグ、アマダイ等のはえ縄漁業、釣漁業、沖合底曳き、アワビ等の採貝漁業や、イワシ、アジ、サバ、イカ等のまき網・敷網漁業(棒受網、すくい網漁業)、ブリ、マダイ、ヒラメ等の魚類養殖業等が営まれています。一方、瀬戸内海側は、西部海域を中心に広大な干潟を形成し、エビ類等の小型底びき網漁業や採貝、潜水漁業、ノリ養殖が盛んです。

また、中東部海域には数多くの島々が点在し、岩礁域に富んでおり、マダイ、クロダイ、フグ、カレイ、タコ、ナマコ等の宝庫で、小型底びき網、建網、釣、はえ縄等の漁業が行われています。

参考・山口県漁業協同組合(JF山口)

下関 あんこう
下関 本場のふぐ