寿美礼のふぐは、
 ”こだわり” づくし

こだわり

「下関のふく」を全国的に有名にしたのは、「技」。
ふく料理の腕が確かな板前が下関に多数存在し、
活躍したことが大きな要因です。
腕に自慢のふく料理人は、
東京などに次々と上京し、
ふく料理店を開店させ、
本場下関仕込みの技と味を、
東京中心に全国に大いに広めていきました。
その美味は瞬く間に知れ渡り、
時の政治家や経済人、文化人から大きな支持を得てきました。
ここ下関は、ふく料理という舞台で、
「ふく」という主役が有名になりましたが、
この主役の脇をつとめる役者達に、
当館は長年の「こだわり」を持ち続けております。

ポン酢

料亭・旅館はオリジナルのポン酢を使用するのが当たり前ながら、当館には「極めポン酢」があります。当館のポン酢は、「添加物・保存料」が一切含まれていません。かつお・しいたけのおだし、だいだいからポン酢作りは始まり全国から集めた「極めの食材」により「秘伝のポン酢」が完成します。この秘伝のポン酢「極めポン酢」が本場の河豚をいっそう引き立てます。

脇役

「安岡ねぎ」
安岡ねぎは地元下関ではふく料理の薬味ねぎとして昔から使われていますが、近年ではその質の良さから創作料理など、幅広く使われるようになりました。なかでもこの平束は東京築地をはじめ高級料理店向けのねぎです。

「ローマ」
通常よりまるびをおびており、青梗菜のようにも思える春菊。「ローマ」は、河豚ちりに合うために、先人の食人が、ヨーロッパのローマまで行き種を持ち帰って、この安岡で栽培したことから、「ろーま」と名づけられています。フルコースには欠かせない食材です。

寿美礼のふぐは、
 ”こだわり” づくし

寝かせ

寿美礼のフグは「寝かせ方・締め方」にこだわりがあります。
フグは当て字で「布久」とも書きます。死後硬直により河豚の身が硬くなり、ここに包丁を入れると繊維を崩しながら分厚く引くことになります。
これを2日ほど「さらしに巻いて寝かす」ことにより旨み成分のイノシン酸が増します。
さばいてから2日ほど冷蔵庫で寝かせます。これであのふぐの旨みが生まれます。
最高の状態でご提供するため、当日予約を避けています。

年中食べられる

全国のふくが一度、下関に入っています。
これは3つの要因が挙げられます。

1.近年養殖ふくの生産が順調で、一年中活魚でおいしく食べられるため。
2.天然ものの産卵場の規制が、通常春にあるが、規制期間は産卵場所によって異なるため規制のかかっていない場所から集積されるため。
3.通常4月・5月の天然ものは産卵期の為、ふく自体の味が落ちるため。(栄養分を子供に取られるため)むしろ養殖活魚の方が味が良い。

以上のことから年中下関では、様々なふくが出回ります。

寿美礼のふぐは、
 ”こだわり” づくし

お子様連れのお客様も安心してお越し頂けるようにしています。

お食事も、お子様向けに2種類ございます。
お子様ランチ、お子様会席です。
年齢に合わせて、ご予約ください。

また、子供用絵本やおもちゃを無料で貸し出しております。
ベビーベッドも赤ちゃんをお連れのお客様にお貸ししております。

お子様向け備品
絵本、おもちゃ、ベビーベット、子ども用スリッパ
遊べる貸出品
将棋、囲碁、麻雀、トランプ、花札