外国人旅行者の急増により多様化するニーズに応える

寿美礼には年間7,000名のお客様がお越しになります。
そのうちの1割が外国人旅行者。
下関が国の指定港にも選ばれていて大型外国クルーズ船が就航していることもあり、
年間10万人のペースで外国人旅行者が増加しています。

タトゥーを入れている外国人旅行者が日本旅行に来た時に困るのは、大衆浴場に入れないこと。
外国人にとってのタトゥーは「信条や大切な想いを刻む」という概念があるのですが、
日本人からみると「入れ墨」と混同されてしまうことがあり、
タトゥーが入っている人の入浴を断る施設が多いイメージです。
その点、寿美礼にもある貸切風呂であれば、
タトゥーの入った外国人旅行者にも気軽にお風呂を楽しんでもらえます。




LGBT、訪日旅行者、家族が集まれる貸切風呂

ー外国人旅行者に喜ばれる割烹旅館寿美礼の貸切風呂。その特徴と魅力について

私が代を継承してからは、『寿美礼にしかない付加価値の提供』を目指してきました。
ご利用いただいている貸切風呂は、その戦略の1つ。
関東にも貸切風呂がある宿は多いと思いますが、『寿美礼に行かないと入れないお風呂』であることにこだわっています。

ー割烹旅館寿美礼の貸切風呂でなければ体験できないこと
実は、私の兄が日本アカデミー賞の音楽賞を受賞したことのある作曲家・和田薫なんです。
そこで、まず兄の作品を見聞きできる空間を作りました。


さらに、寿美礼に夜遅くに到着するお客様は町の様子を知りません。
そこで、お風呂の壁全面に下関の代表的な景色の写真を展開しています。
たとえば、世界で死ぬまでに行きたいランクに入っている角島[※1](つのしま)、夏の「関門海峡花火大会」[※2]など。
こうしたコンセプトに興味をもってくださるお客様が増え、今では多くのお客様が貸切風呂を目当てにいらっしゃいます。

角島[※1](つのしま)

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(2013年7月)内の
「Facebookページで56万人のファンがいいね!した絶景ランキング」で3位、
旅行サイト「トリップアドバイザー」の2015年「口コミで選ぶ日本の橋ランキング」で1位となり、
TVCMやドラマなどさまざまなメディアでも使用された、絶景スポット。

夏の「関門海峡花火大会」[※2]

[※2]…巌流島が浮かぶ関門海峡をはさんで開催される光の祭典 夏の夜空を彩る「関門海峡花火大会」は、
関門海峡に面する山口県下関市と福岡県北九州市門司区のまちづくり団体が合同で開催する、日本でも有数の規模を誇る花火大会。

ー貸切風呂を作る際の配慮した点
貸切風呂がある建物は別棟なので、ご家族で心置きなくくつろいでいただけます。
そして、お子さんが寝転がってもいいように、5つあるお風呂の1つには床を畳にしているお風呂もあります。
また、宿泊していないお客様にもご利用できるように、貸切風呂とお料理を楽しめる日帰りプランも2019年11月から始めました。

ー利用者様からのお声
ご家族連れのお客様には、「子どもが他人に迷惑をかけないかを気にしなくていいのがうれしい」というお声をいただいています。
また、お風呂ごとにテーマ曲が流れ、アニメや日本の童謡などは海外の方にも好評で、「このお風呂に入りたくて来た」という方もいるほど。

新しい発見だったのが、LGBT[※3](性同一性障害など)の方に感謝されたという事です。
容姿と内面の性別が違うLGBTの方にとっては、大衆浴場に入ることはとても苦痛です。
でも、貸切風呂ならゆっくりくつろげるというお話も聞きました。

また、乳がんなど体に手術痕がある方にも、貸切風呂なら人目を気にしなくていいと好評です。
私の友人に乳がんの手術を経験した人がいるのですが、手術痕を他人に見られるのがいやだと思う方は多いようです。

[※3]… Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語で、
セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつ。



薫 the fu-ro

2018年冬に完成した3つの貸切風呂、薫 the fu-ro。各部屋ごとにテーマ、作りが違います。

1階の「壱ノ風呂」は足が不自由な方でも介助があればご利用いただけるようにお作りしています。
壁面に角島大橋のスクリーンが貼られているのでまるで海の中にいるようです。

2階「弐ノ風呂」はご夫婦でゆっくり入れるように落ち着いた雰囲気でお作りしています。
「関門海峡花火大会」のスクリーンで花火を見ながらご入浴頂けます。

「参ノ風呂」はお子様連れでも安心してご入浴頂けるようベビーベッドをご準備。浴室内もタイルではなく畳敷き。
滑りにくく直接座っても冷たくないので小さなお子様を連れた方にお勧め。おもちゃもご準備しています。
冷蔵庫もあるのでお風呂上り用のドリンクの保管もできます。

2019年からはお泊り以外のお客様も日帰りで入浴が可能となります。

  • 薫 the fu-ro玄関夜景正面
  • 薫 the fu-ro廊下ギャラリー
  • 壱ノ風呂
  • 壱ノ風呂脱衣所
  • 薫 the fu-ro弐ノ風呂
  • 薫 the fu-ro弐ノ風呂脱衣所
  • 薫 the fu-ro参ノ風呂
  • 薫 the fu-ro参ノ風呂脱衣所
  • 薫 the fu-ro シャンプー